QSS 日本上陸セミナーご報告vol.2

←当日、お渡しした新製品「Quicksilver Scientific Detox Qube」のミニチュアサンプルキットです。米国より今回の日本セミナーを記念してわざわざこの日のためにお送りいただきました。出来立てほやほや、世界のどこにもないたった一つだけの商品です。しかも本製品と変わらぬ素晴らしいクオリティです。日本に居ながら最新の製品が試せるなんて貴重な機会をいただき感謝です。「かわいい〜」「面白い」と皆さん興味津々でした。

さて、引き続きセミナーを受けたドクター方からのご意見です。

大切な検査に関しては、


・今までの検査方法やサプリメントを与えるだけでは水銀解毒が難しいことを知った


・チャレンジテストだけでは検査の意味がない


・血液・毛髪・尿・便などの個別検査の違いが理解でき興味が湧いた


・チャレンジテストは手間がかかるがこの検査は簡便そうで良いと思った


・毛髪ミネラル検査の欠点を理解した


・ 検査方法の違いで治療のステップが違うことがわかって良かった


等のご意見をいただきました。


波及して、


・ 腸肝循環の問題もシリカの使用で軽減できるのが素晴らしい


シリカの効果を感じた


・ グルタチオンを欠乏させないことが重要と理解した


・ 解毒の能力を高めるには細胞内にグルタチオンが必要


などの見解も得られました。


 

もう一つのキーワードである「細胞膜」に関しても



・細胞内外に対する働きかけが解毒のポイント


・細胞膜の修復も同等に重要であること


・細胞内から重金属をくみ出すことが必要


・細胞内からのデトックスが効率よくできるトータルシステムに強い関心を持った


など。


 

そして講義がきっかけで今回初めて



・「解毒メカニズム」について興味を持つきっかけになったという方も非常に多かったです


・ 解毒への知識ベースアップがピンポイントでできた


・ 水銀の種類・排泄経路・蓄積部位・デトックスの方法の全てを漫然ととらえていたことが分かった


・ あらゆる不定愁訴の原因が体内蓄積重金属と関連があることがわかった


・歯医者さんがこのような治療を行うことを初めて知った。(薬剤師)


・娘の副腎疲労の治療としてリポソーマルサプリメントを使うことで更に改善できる可能性を知った


・自閉症治療にも有効であることを知った


・難症例に対して安全な解毒アプローチが可能であることがわかった


 

面白かったのは、多くのドクター方が


・  まずは自分の検査・治療をしてみたい!


・  自分が木村先生にアマルガム除去していただき体調が改善した経験があるので更にデトックを体験したい


と。特に歯科医師の場合、アマルガム除去の関係で水銀の弊害が懸念されるところですね。


皆さん、さすがに研究熱心です。


 今回のセミナーを通じて、日本にもQuicksilver Scientific detox systemのドクターチームが発足したことに感動と感謝でいっぱいの一日でした。

先生方のお気持ちの根底にあるもの、それは共通して


・  一人でも多くの患者を助けたいと思った


という熱い想いにあふれるこのコメントに尽きるのではないでしょうか。


そして


・  もっとこの治療法がメジャーになって欲しい


と思って下さり、一緒に広めて下さるそんなお仲間と共に



・  Teamで臨床例を収集することで研究がスピードアップすると思う



ことが始まります。「教養創造」スタイルでのお仕事が始動できてわくわく感でいっぱいです。


 次回、QSS上陸セミナー第2回及びチーム定例ミーティングは9月13日を予定しております。詳細決まり次第「最新セミナーページ」でお知らせします。


メンバー皆様にお会いできます事と新しいお仲間が増えます事を楽しみにしております。