日本上陸セミナーアンコール講演&2016イヤーエンド集会ご報告

2016年12月18日、年の瀬お忙しい時期にも関わらず全国各地より多数のドクターにお集まりいただき、QSSジャパンチームイヤーエンドセミナーが開催されました!

 

午前中はQSS日本上陸セミナーのアンコール講演が行われ、会員の先生方にも復習を兼ねたくさん受講していただきました。

積極的な質問も多く、皆様のやる気を感じましたと共に和気あいあいとした雰囲気での講演となりました。

 

受講者からのご意見を少し紹介させていただきます。

・マーキュリートリテストの意義がより解かった。

・基本的な考え方を再確認できました。

・どのような理論と根拠に基づき行われているのがとても明確になりました。

・ブラッドメタルテストを今後積極的に導入していきたいと思います。

・検査の重要性が身に染みて理解できました。検査をすることが何よりも大事で、また患者様にとっての最短な選択だと思いました

重金属で苦しむ患者様のために即実践したいです。

 

ランチョンセミナーは、高濃度ビタミンC点滴療法学会理事長 青山メトロ歯科 高野仁男先生の発表です。水素を用いてエビデンスに基づいた抗酸化アプローチを講義していただきました。歯科臨床に広く活用される「水素」を用いたお話だけに興味津々でたくさんのご質問をいただきました。水素のお話とサロンの地中海風のブルーの雰囲気がベストマッチで一層雰囲気を盛り上げました。

 

 

午後の部に入り、特別講演として先進医療のエキスパートでグローバルにご活躍されている医療法人再生未来 理事長 乾利夫先生にお越しいただきました。

がん、自閉症、自己免疫疾患に高い治療効果を上げているマクロファージ活性化療法について分かりやすい症例と共に講演をしていただきました。

初乳MAF、スプレーMAFともに受講者から驚きと反響がものすごくありました。

 

ご意見を少し紹介させていただきます。

・夢のようなサプリメントに大変感銘致しました。

・重症アトピー患者、ALS、MSの患者さんにも使用してみたい。

・直ちに使用したい症例が多数あります。

・自分でも患者さんにも使わせたい人はたくさんいます。とても期待できると思いました。

 

 

そしてチームドクター代表としてブルークリニック青山 院長 内藤眞禮生先生にもBlack Boxによる治療経験からの症例発表をしていただきました。

内藤先生の講演は実際の症例に基づき結果が明確に分かりやすく、チームドクターから毎回とても好評です。いつも素晴らしい講演をありがとうございます。

そして今後、内藤先生のようなドクターが全国に広がることを祈っております!

 

ご意見を少し紹介させていただきます。

・BlackBoxのすごさを再認識しました。内藤先生の真摯な取り組みに心打たれました。

・AFに対してBlackBox Protcolが有効であったことをお聞きし、自分にも使用してみたいと思いました。

・副腎疲労における肝へのアプローチについて考えさせられた。

・副腎疲労の治療のむずかしさが少し解かった。 

 

 

最後に、笹塚歯科 QSS JAPAN TEAMナビゲーター 木村一相先生よりスペイン・アリカンテ於けるクィントン世界会議の症例研究発表が発表されました。

こちらは実際にスペインに行きクィントン世界会議に参加されたお話を交え、受講者もとても興味深く聞いていた印象を受けました。

 

ご意見を少し紹介させていただきます。

・とても面白かったです。生命エネルギーがないところに生命はないだろうと考えていましたがそれがより具体的になりました。

・クィントンの静脈注射について考えていたが、答えがみえた様な気がした。

・現在痛み治療に1日20人以上→6ヶ月で3000人以上は使用しているが驚くほどの効果があります。今回のセミナーで効果の理由の一部が考えられました。

・クィントンを足掛かりに生命体と水、さらにエネルギーについてまで考察された講演はとても新鮮でいた。次回が楽しみです。

・全く新しくどこにもないこれまでの価値観が覆される刺激的な内容でした。とにかくQuintonの素晴らしさに魅了されました。とにかく早く診療で実践して行きたいです。

 

また、セミナー後に行われた懇親会もイヤーエンドにふさわしく大いに盛り上がりました。

講師の先生、チームメンバーの先生、ざっくばらんにお話ができる機会となりました。

また、今回のセミナーの見どころアQSSJAPANアワードの表彰(受賞された先生方、おめでとうございます!)や、会員限定コロラドラボ視察&現地講義ツアーの発表などがありました。

 

2017年、QSS JAPAN TEAMの更なる発展が期待できる会となりましたことをご報告させていただきます!

多数のご要望をいただいており、DVDも発売予定です。

  

イヤーエンド集会はご参加いただいたチーム全員において心の握手が行なわれた大切な機会となりました。

QSS JAPAN TEAMの先生方の探究心こそが他にはないQSS JAPAN TEAMの「共有創造」カルチャーであり、何よりの共通の財産であると今一度感謝の想いを固くしております。

 

2017年度も多くの先生方と一緒にデトックス治療を広めて参りたいと思っておりますのでどうかご協力の程、宜しくお願いいたします。

次回のセミナー日程が決まり次第HP上にてご案内をさせていただきます。

 

QSS Japan Team 総務部 橋(はし)

info@apollonstyle.com